2009-07-16

清里マティス

山梨県の清里にある三枝俊介さんのお店
「清里マティス」を訪ねました。

前日まで軽井沢の山荘で過ごしていたので、
軽井沢からの出発です。
清里までは、車でのんびり走って1時間半ほどの道のり。
清里へ行くのは、本当に久しぶり。

ラッキーなことに晴天に恵まれました。
ただ太陽は真夏のパワフルさでギンギン照りつけるので、
私は暑いのを通り越して素肌が痛くなり、
真黒焦げになった焼き鳥の気分。


けれどもそのおかげで野山のグリーンは、
輝くような美しさを放っていたのでした。
途中、牧場がかなり点在していて、
乳製品はおいしそう。そして桃も。
などと到着する前から、
食いしん坊の虫がウズウズするような光景が続きます。

この時期、軽井沢の農協やスーパーでよく見かける
地元産フルーツは、ブルーベリーとアプリコット。


でも清里周辺は、圧倒的に桃が最盛期を迎えている様子。
道の両脇に桃園の販売スタンドが軒を連ねていました。
桃を育てている農家の多くは、ブドウも育てているらしく、
ほとんどの販売スタンドをブドウ棚がおおっています。


「清里マティス」は雄大な八ヶ岳と広々とした草原という素晴らしい自然環境の中に。メルヘン調の可愛い1軒屋で、避暑地らしい樹木に囲まれた道路に面しています。エントランスとテラスに続くお庭では、白樺作りの木馬の親子がお出迎えをしてくれました。


店内に入るまでは、ショコラのスウィーツを味わいたいと考えていました。ところが店内で「旬は桃」と聞くや、道程で目にした桃が頭に浮かんできて、桃のタルトをいただくことに。さらにソルベ・ルージュ添えにしてもらいました。

ダージリン紅茶と一緒にいただいたタルトはもちろんのこと、赤いフルーツと赤ワインのマリアージュが楽しめるソルベ・ルージュはすごく良かった!! 添えもののつもりでしたが、これだけ味わう為だけに東京から足をのばしたいほど。これ、賞嘆です。


お土産にいただいたチーズケーキ、ミルクマカロン、ショコラのキャラメルのセットもGOOD。繊細な味わいと鮮度の高さは魅力です。特にミルク製品が大好きなミルキースウィーツマニアにはたまらないかも。ショコラのキャラメルは、なんという口溶け感! 


舌の上でトロ〜ンとするや消えてなくなりました。

それぞれカマンベール用の円形の木箱に入っていて、
パッケージからして地元のまきばの香りが凝縮されています。

普段見慣れない自然に接するのはいつも刺激的です。
束の間でしたが「清里マティス」を
訪ねることができて本当に良かった。
実りの多い信州ー山梨ドライブ旅行となりました。

清里マチス <<< 現在は「アルチザン パレドオール」として営業
山梨県北杜市高根町清里朝日ヶ丘3545
(牧場通り丘の公園下ったところ)
TEL:0551-48-5381